眼の健康とコンタクトレンズの専門医 医療社団法人 広辻眼科

(受付)午前8:30〜 午後2:00〜 (休診)土・日・祝祭日・年末年始 ご予約・お問い合わせ0797-72-6586

広辻眼科マンスリー 第m25

投稿日 2008年3月1日

大阪びいき

理事長 廣辻逸郎

前にお話したことがありますが私は大阪生まれの関西育ち根っからの関西人です。朝のテレビドラマ「ちりとてちん」も大阪作成のせいか余計に興味深く視ています。画面の背景の地理・言葉・風習などしたしみやすいことも影響しているのでしょう。誰もがそうでしょうが、自分の生まれ育った土地に愛着やひいきがあります。大阪弁は治りません。下手な芸人が使う下品で汚い言葉が大阪弁と全国に誤解されていることは残念です。
小学生の頃の教科書や吉川英治の「太閤記」に書かれた豊臣秀吉は貧困から太閤にまで出世し大阪城を建てた英雄でした。逆に徳川家康は、豊臣を騙して大阪城を陥とした狸じじいの大悪者と大嫌いでした。戦後テレビや小説に描かれる秀吉と家康像は全く逆で、いかに秀吉が非情で残忍であったか、家康が緻密で深慮に満ちた人物であったと描かれて残念ながら認めざるをえません、それでも秀吉びいきが体のどこかに残っています。東大より京大。巨人より阪神です。関東育ちの方にはあほらしい話です。今「あほ」と書きましたが、「あほ」で一度電話で怒られたことがあります。話の途中で「そんなあほな」と言ったところ「アホとは何という事か」と怒鳴られました。関西人は日常気楽に使う言葉ですが、東京の人には「あほ」は「大馬鹿者」の意味でしょう。以来注意しています。
子どもの頃の印象が深く刻まれることを秀吉を例に書きましたが、歴史についてもう一つ。
先日ソウルの南大門が焼失しました。昨年医師会旅行時に観光したばかりで、無残に焼きくずれるあの世界遺産がと息を呑みました。またテレビで韓国ドラマが上映されて、「朱蒙」や「宮廷官女キム尚宮」を興味深く見ていますが、時代背景はどうだったか、物語の地理関係はどうなのか知りたくて、図書館で韓国の歴史の本を借りました。その前にハングルの本も求めました。図書館も韓国の歴史関係はよく借り出されていて,関心のある方も多いのだなと感心しました。今回は図書館で小学生と高校生用歴史教科書を借りました。歴史に対し冷静に多面的観察の必要を改めて教えられました。
大体私が習った歴史は戦前で皇国観一色。韓国は日本領土で朝鮮人も台湾人も日本人民の一人です。神功皇后が新羅を征伐し、王仁が仏教を伝え、秀吉が,慶長・文永の役で朝鮮征伐し、一九一○年日韓併合したことなど、考えれば隣国でありながら日本の統治下の国としてそれもごく浅く教えられました。しかし韓国の教科書には如何に古朝鮮の時代から文化に勝れ、明や倭の国からの侵入を全民衆の力で排除したか。特に日本(日帝)の侵略に対し立向かったかを詳細に記述し、日韓併合年間の歴史観のの違いを改めて考えさせられました。戦後六十余年政治に文化に漸く平和な交流が出来て嬉しい事です。

健康とは! 後発医薬品(ジェネリック医薬品)について

4月から診療報酬点数が改訂されることはご承知と思います。中でも、医療費を抑えるために薬剤処方で薬価の低い後発薬品の使用を勧める内容になっています。テレビでも有名女優や男優が安全・低価格の宣伝をしております。一般に医薬品の開発には長い年月膨大な開発費が必要で、それに対して後発薬品は一切そのような費用が掛らずに販売出来るから安価に発売出来るということです。眼科では内服薬より点眼薬を処方されることが多いですが、 主成分は同じでも、添加剤や防腐剤の種類濃度がまちまちで、アレルギーや角膜障害を起こす危険がないともいえません。食品と同様で何処で作られた薬剤か重要です。
先年著効のあった先発の眼圧降下剤に国産の同成分の降下薬が発売されましたが、効果に明らかな差があって結局国産薬を徹収したことがあります。よく使用したアスピリンも国産と先発品に差がありました。品質成分内容にむらがない、同じ効果、副作用のない安価で、安心出来る後発品である確かな情報があれば、当院も後発薬品の処方を致します。