眼の健康とコンタクトレンズの専門医 医療社団法人 広辻眼科

(受付)午前8:30〜 午後2:00〜 (休診)土・日・祝祭日・年末年始 ご予約・お問い合わせ0797-72-6586

広辻眼科マンスリー 第m23

投稿日 2008年1月1日

謹賀新年

理事長 廣辻逸郎

今年も患者さんから沢山年賀状を頂戴しました。有難うございます。お礼申し上げます。
ご承知のとおり、昨年十月から診察は副院長が主として診ております。白内障手術も毎週水曜日宝塚のこだま病院のご協力で自分が通院手術をしております。従って水曜日午後の診察は院長がしております。院長は、体力・気力まだまだ充分ですが、新しい視点で患者さんに対応したいと考えております。医学の進歩によって開発された診断機器の導入も予定しております。職員一同新しい気持ちで診療に従事する所存です。診察はじめ受付事務その他不明・不満事項がありましたらご遠慮なくお申し出で下さい。
さて昨年末京都大学の再生医療チームの研究が大きく報道されました。こんご急速に再生医療が進歩して多くの患者さんが救われることでしょう。眼科では角膜上皮の再生は一部実施されていますが、網膜や視神経が再生されたら緑内障・網膜色素変性症はじめ失明につながる患者さんにとってどんなに光明になることでしょう。
研究の発展を願います。
今年のお正月三ヶ日お天気に恵まれてどのお宮さんも初詣の人出で大変賑わっていました。私も地元の宝塚神社と京都八坂神社・平安神宮を詣でました。少しでも神殿に近くからとお賽銭箱の近くまで掻き分けて拝みました。家内安全・商売繁盛・学業成就・合格祈願と何百万人のお願いを聞かなくてならない神様どうぞ宜しくお願いします。

健康とは! 日本人の体型の変化

最近の若い世代が男女ともスマートで、特に女性は化粧も上手になってかとても美人が多くなりました。男はキムタク型(キムタクも古くなったかな)と言うのか、顎が張らず、長身でいわゆるスマートで、にきび面やふけが肩に落ちている子は見られません。女性もおかめ型は見ません。美容整形も盛んでしょうが、整形してなくても鼻も高く、顔貌の変化は確かです。
少し古い統計ですが、私が昭和40年初期(1960)と昭和60年(1980)のCL処方でBC値の変化はどうか、また当院患者1000人の角膜曲率半径の実測値と従前の統計値の変化を調べたところ、有意に曲率半径が大きくなっておりました。(第33回CL学会発表)角膜曲率値が西欧人に近くなっていました。
その時同時に、学校保健統計表を調査すると、約50年前に比較して、中学3年生で男女とも身長が約10糎伸びていて、しかも座高が変わらないことから脚が伸びてスマートになっていると判断しました。その時女性の足の変化まで調査出来ませんでしたが、靴のサイズの変化も考えられました。生活環境、毎日の食事の質や量が大きく関与しているのでしょう。
年末女房と嫁さんが一所懸命味がどうのこうの作ったおせちは、中高生になった孫達は元日一度手を付けただけで、それに反し焼肉や、蟹の鍋はあっと驚くほど見事に平らげました。
正月とてゲームやカルタより、めいめいケイタイで何をしているのか、老人には入っていけません。体型だけでなく生活も一変しています。