眼の健康とコンタクトレンズの専門医 医療社団法人 広辻眼科

(受付)午前8:30〜 午後2:00〜 (休診)土・日・祝祭日・年末年始 ご予約・お問い合わせ0797-72-6586

広辻眼科マンスリー 第m70

投稿日 2011年12月1日

今年は大変な一年でした

理事長 廣辻逸郎

今年3月11日東北関東にM9の大地震と大津波が起こりました。死者行方不明者合わせて二万人弱。家屋や船だけでなく、漁業設備や加工場全て流されてしまいました。そればかりか、福島原発事故で放射能被曝というとてつもない事故で、福島に留まらず、日本中の原発が活動を停止するという日本中に大影響を及ぼしました。事故が起こって改めて学者への不信。官庁の無責任を思い知らされました。放射能被害が何処に何時まで続くかと思うと暗澹とします。被害を受けられた方の心中思いやられます。
それに今年はTPP問題が議論沸騰です。まだ決定したわけではありませんが賛否様々です。日本の農業が潰れると言う片方で、平成の開国と推進の声も高く、国民はそれぞれの立場で注目しております。医療関係も医療制度の崩壊に繋がると危惧しています。外国から入る新薬や新診断機器の使用を自費診療にすれば、医療費の増大を憂えて恐らく保険使用になることは無いでしょう。貧富の差がなく高度の医療を平等に受けられる現制度は困難にならないかと危惧します。自分の考案した手術術式を特許にして、他人がその術式で手術しようとしたら特許料を払わなければならないなど今まで考えもしなかったことが当然な考え方になって来ています。国会の論議を注目しましょう。
直接関係は無かったのですが、大阪のダブル選挙で、橋下さんの維新派が大勝しました。巧みな話術もあるでしょうが何か現状を打破して新しい社会になって欲しいという民意の結果とメディアは報じています。旧体制の敗退でしょう。
アフリカの民主化騒動、ユーロの下落、米国の衰退と世界中で難問が噴出しています。北朝鮮・中国も油断なりません。
私達の平穏な生活が来年も続いてくれることを願うばかりです。

健康とは! 健診について

テレビを見ていたら、手軽な出張検診や500円のワンコイン健診が放映されていました。パチンコ屋など人の良く集まるところで簡単な血液検査をするようです。500円健診も同じように、指先の穿刺で血液を出して簡易検査します。自分で穿刺するので医師でなく、看護師が経営しても医師法に触れないそうです。
週日の昼間にパチンコに興じる人が健診を受けるのかどうか不安に思いますが、実際しているところを見ると改めて健診への関心の強さを知らされます。
戦前から学校健診法で小学校から身体検査はありました。学校教育を受けるのに身体障害がないか、また伝染病がないかを見るものでした。富国強兵のため丈夫な子女を教育する、結核やトラコーマなど国民病を早期発見治療するものでした。
戦後は医療費を抑えるために、住民健診等で早期発見早期治療して健康を維持しましょう。そして最近は肥満が慢性疾患の根源とメタボリック症候群の検査を法で決めています。
日本人が長生きするようになったのは、健診を受けたためでしょうか。日本全国住民健診の為に使われる費用は膨大と思いますが、健診事業がなくなったら日本人の平均寿命の伸びがとまりましょうか?
でも皆健康に随分注意するようになりました。サプリメントの売り上げも2兆円を越すそうです。二人寄ったら病気や身体の話です。そして介護が入ります。
「お達者で」と言う言葉があまり聞かなくなりました。身体が丈夫だけでなく、仕事も順調、家族もみんなお元気でという言葉が含まれています。皆さんお達者で!