眼の健康とコンタクトレンズの専門医 医療社団法人 広辻眼科

(受付)午前8:30〜 午後2:00〜 (休診)土・日・祝祭日・年末年始 ご予約・お問い合わせ0797-72-6586

広辻眼科マンスリー 第m147

投稿日 2018年5月1日

五月は端午の節句男はもっと頑張ろう!

理事長 廣辻逸郎

町から田園地帯に行っても鯉のぼりを目にすることが少なくなって吹き流しの下に親子三匹の鯉が泳いでいる威勢のいい姿を本当に見なくなりました。大きな竿を立てる場所も少なくなったのと、矢車が回って大きな音がするのが近所迷惑になるそうです。何とも世知辛い世の中になってきました。使われなった鯉を集めて川を渡し観光客を呼んでいるところもあります。若葉の映える五月晴れに泳ぐ雄姿を子ども達にみせたいものです。
さて国会ではセクハラも含む最低の議論でもたついています。それにしても生活力のたくましい女子軍団に比して男よしっかりせよと叫びたくなるこの頃です。官僚のトップと言われる面々が国会でしどろもどろ女性を含む議員に答弁している姿は歯がゆい限りです。
抑々人間を含む哺乳類は雄性と雌性男性と女性に分れています。なぜ男女がほぼ同数に生まれてくるのか分かりません(私が知らないだけかも)平和な時は女性が、戦時中は男性が多く生まれると聞いた事がありますが真偽の程は不明です。成長と共にお互い相手を求めるようになります。文学的には恋といい、生理学的には性欲・欲望と言います。自然の摂理です。ただあらゆる環境の変化によって性に対する対応が随分と変ってきました。女性も大学に進み就職して戦力になれば結婚年齢が遅くなり、また出産育児が大変で出生率も年々低下し、昨年は出産数も百万人を切りました。経済力があるので女性はますます強くなりました。カマキリは交尾が終わると雌が雄を頭から食べます。一度聞いたら忘れない壮絶な話で雄を雌が食べることで強い卵が産まれると言います。十ヶ月の妊娠出産育児に女性は強くなければならないのです。実際には育児が済んで益々強くなります。男は外で威張っている人ほど内では尻に敷かれているのでしょう。産業の発達で女子に無理だった力仕事にも女子が参入でき、戦争もボタンでロケットもミサイルも打ち出す時代です。これからはAIが想像以上に進歩して日常生活もすっかり変わってしまいましょう。
三月雛節句、五月兜や熊に跨る金太郎の端午の節句はどうなりましょう。生活環境が変わっても男性女性に変わりはありません。しかし、男は男らしく、女は女らしくという言葉は言えなくても、強くても優しい女性。俺に任せろとポンと胸をたたく男性を私は望みます

健康とは! 月刊文芸春秋 健康についての特集から

5月号に『病気にならないからだ』という見出しで特集が組まれ、最先端の研究をしている井村名誉教授の『先制医療が長寿のカギだ』を先頭に各界の専門家が癌から認知症にまで夫々見解を記しておられる。『名医10人に聞く私の健康法』という欄もあるが、昔から言う医者の不養生を地で行く多忙故の不規則な食事・睡眠生活でお手本にはならない、中でも抗老齢学会の会長をしている大学教授が「私はサプリメントを一日100錠飲んでいたが、一旦止めたら体調が悪くなったので又飲み始めたら元どおり体調が戻った」という箇所には唖然とした。やめて調子が悪くなったのは一種の中毒症状でしょう。サプリ100錠でいくらになりましょう。どうせご本人は無料でサンプルを貰って飲んでいるのでしょうが、その金額で新鮮な野菜魚肉類を口にする方がよっぽど栄養になります。私が興味を持ったのは作家の五木寛之さんと元慶大講師で『がん治療の大半は間違っている』『健康診断は必要ない』と論陣を張っている近藤誠医師の対談記事です。お二人とも特に五木氏は不規則で夜中に起きて執筆し、朝10時になって寝て無茶苦茶です。でも健康に関する著書もあって、それなりに健康についての考え方がありましょう。私は氏の本を読んでいないので的を外しているかもしれませんが、近藤医師が医学の面からだけ話されているのに比べ、五木氏は広い視野で病気・病人を見ていると思います。病気を見るだけならAIで充分な時代がそこまで来ています。医療は病人を診なければなりません。AIは患者に触れません。医師の温かい手を患者に触れることで患者の痛みが治まりやすらぎます。対談の文中に『病気を治すでなく治めるのだ』と語られていました。人夫々生まれながらにがん・高血圧・糖尿病・認知症等々あらゆる病気のDNAを持っております。そのどの因子も頭をもたげて災いせぬように治めることが健康につながりましょう。そしてただ健康であればいいのでなく、健康な体で何をするかが生きていて価値あることです。直接労働して生産しなくても、文学芸術と形のあるものでなくて、無形のものでもいい、じっと座っているだけでも周りがほっとする雰囲気を出しても素敵です。人体は動かすように使うように作られています。手足も頭も使いましょう。そのための健康でなくてはつまりません。生者必滅 命あるもの何時か失せます。生かされたこの命感謝して使いましょう。